クラブ キャバクラ 無断欠勤

クラブ キャバクラ 無断欠勤

業務委託契約書 デリヘル クラブ ホステス 風俗営業

クラブ ラウンジ キャバクラ デリヘルなど、開業後に必要な書類(契約書)につき、ご相談下さい。

ホステス デリヘル 業務委託契約書



風営法・労働基準法に精通

雇用契約書 業務委託契約書 誓約書(機密保持誓約書他)就業規則 作成 見直し ひな型

当事務所へ契約書の作成を依頼される方の多くが税理士の先生をはじめ、士業の方です。

※雇用契約書(労働契約書):使用者は、雇い入れた従業員との労働契約の締結に際し、労働契約の期間、賃金、退職に関する事項他、一定の事項に関しては書面の交付により明示するよう、法令で定められています。

SoftBank 090-8483-9508 ℡ 042-452-6477 
土日祝可 22時まで

メールはこちらまでお願いします。LinkIcon


風俗営業・風営法・労働基準法・労働契約法に精通

クラブ キャバクラ 無断欠勤

無断欠勤が続くスタッフの対応について

無断欠勤については、一般的には就業規則にて、「労働者が次の各号のいずれかに該当する場合、その日をもって退職とする。」との規定が設けられており、そのひとつに、「無断欠勤が第■条の休日を含め1か月以上に及んだとき:無断欠勤が1か月経過した日」と定められているかと思います。

また、「労働者が次のいずれかに該当するときは、懲戒解雇とする。ただし、情状により出勤停止又は諭旨解雇とすることがある。」との規定を設け、そのひとつとして、「正当な理由なく、無断欠勤が連続、断続を問わず14日以上に及び、出勤の督促に応じない、又は連絡が取れないとき」と定めているかと思います。

上記を踏まえ、就業規則に従い、自然退職とするか、懲戒解雇(または諭旨解雇)とするか、検討を要します。あるいは、解雇を定めた条項を適用し、普通解雇とすることも一般的には可能です。

就業規則の作成義務がない事業場についても、契約書等の整備を要します。その他、通知書、退職時誓約書等の作成につき、お問い合わせ下さい。